体験レポート

旬を食べよう ふき味噌講座開講致しました。

投稿日:

旬を食べよう ふき味噌講座

今回は、旬の野菜や果物をおいしく丸ごと使い切る家庭料理の教室「旬を食べよう料理教室」を主宰されている渡邉美穂先生の講座

野菜は新鮮なものが一番おいしいので 道の駅の野菜を見て頂くことが一番旬を知ることができてよいと思うんですと先生の話から始まりました。

食べたことはあるけど調理ははじめて ふきをはじめて触る方もいらっしゃいました

少し湯掻いてからみじん切りにします。
春の香りが立っていました

 

味噌と一緒によく炒めて水分を飛ばしてから4等分して瓶に詰めます。

 

状態によって1ヶ月はもつそうですよ 大人な苦味のあるおいしい蕗味噌が出来ました。

蕗味噌を使って、お稲荷さんを作っていきます。

旬の菜の花と、かおり高い金柑の組み合わせは本当に美味しそう。

今回は持ち帰りとなりましたが、その場で食べ出したくなるくらいの 素敵なお稲荷さんが出来上がりました。

 

渡邉美穂  講師のご紹介

体験レポート

飾り巻き寿司講座開催しました

投稿日:

新型コロナウウィルスのまんえい防止措置延長を受けて、通常の切って食べる講座から

先生の話を聞いて巻いて、持ち帰る内容へと変更になりました。

3月3日 今日はひなまつり 飾り巻き寿司インストラクター加藤牧子先生の「お雛様の飾り巻き寿司」講座を開催しました。

飾り巻き寿司の講座始まりは、道具の説明から

まきすの置き方、外エンボス加工の手袋、メモリが入ったまな板があればできるそう。

これは、簡単にはじめられそうです。

今では全国に普及していますが、飾りまき寿司は元々、海や山の幸など自然の恵みが豊かな千葉県東方の上総地方で産まれた、千葉県の郷土料理です。

醤油をつけて食べるものではないので、それぞれに味付けがしっかりしている。

房総の方では、甘めの酢飯だそうですよ。

今回は、ゆかりとかおりを使用して、色つけをしていきます。おぼろでもさくらでんぶなどを使用したりしても良いそう。

ご飯に色をつけていく際のポイントは、おもちにならないようにだそうです。みなさん楽しそうに、ご飯に色をつけて、順番にのりを巻いていっていました。

難しいー!楽しいー!といろんな声が聞こえてきました。

順番通りに積み上げていったあとは、いよいよ先生のカットに入ります。

わぁっと声が上がった、御代理様とお雛様がこちらです。

先生の飾り巻き寿司は動画でも公開していますのでぜひ、ご覧になってください。

飾り巻き寿司レシピ 座学編

加藤牧子 講師のご紹介

料理教室

防災食講座~調理実習編・3月開催

投稿日:
防災食講座~調理実習編・3月開催

防災食講座~調理実習編・3月開催


在宅避難に役立つ備蓄や備蓄活用方を講師の先生からお話していただきます。
また、ポリ袋を活用した防災食を普段の食材から作る方法も学びます。

*今回のメニュー*
きなこパン
たまごサンド
ヨーグルトサラダ
ミートローフ
お麩のラスク

◆開催詳細◆

  • 日  時:3月16日(水)午前10時30分~午後1時
  • 場  所:農業交流センター 調理実習室
  • 人  数:16名
  • 参加費 :1,800円(当日支払い)
  • 受付開始:2月20日(日) 9時より
  • 申込方法:農業交流センター☎047-406-4778 又はWEB
  • 持ち物 :エプロン、三角巾、布巾、台布巾、筆記用具飲み物
  • 講  師:鈴木佳代子(防災食アドバイザー)

*当日のキャンセルは、材料用意の都合上講習料を頂く場合がございます。
*新型コロナウィルス感染拡大状況によっては、講座内容の変更・中止になる

場合がございます。ご了承ください。

料理教室

料理教室「八千代の旬を食べよう」

投稿日:
料理教室「八千代の旬を食べよう」

料理教室「八千代の旬を食べよう」


天然の苦みでデトックス。身体と心を調え、春に備える献立作り。
ふき味噌と菜の花いなり
菜の花の白和、味噌汁を作ります。

小さな小瓶に入れたふき味噌をお持ち帰り頂きます。

◆開催詳細◆

  • 日  時:3月17日(木)午前10時30分~午後1時
  • 場  所:農業交流センター 調理実習室
  • 人  数:16名
  • 参加費 :1800円(当日支払い)
  • 受付開始:2月20日 9時より
  • 申込方法:農業交流センター☎047-406-4778 又はWEB
  • 持ち物 :エプロン、三角巾、布巾、台布巾、筆記用具飲み物
  • 講  師:渡邊美穂

*当日のキャンセルは、材料用意の都合上講習料を頂く場合がございます。
*新型コロナウィルス感染拡大状況によっては、講座内容の変更・中止になる

場合がございます。ご了承ください。

料理教室

料理教室「お雛様の飾り巻き寿司」

投稿日:
料理教室「お雛様の飾り巻き寿司」

料理教室「お雛様の飾り巻き寿司」


3月3日はひな祭り。
食卓に、子供達の喜ぶお寿司を並べてみてはいかがでしょう。
お雛様の可愛い飾り巻き寿司の作り方を、飾り巻き寿司インストラクターから 学ぶ講座です。

◆開催詳細◆

  • 日  時:3月3日(木)午前10時30分~午後1時
  • 場  所:農業交流センター 調理実習室
  • 人  数:16名
  • 参加費 :1800円(当日支払い)
  • 申込開始:2月5日 9時~
  • 申込方法:農業交流センター☎047-406-4778 又はWEB
  • 持ち物 :エプロン、三角巾、布巾、台布巾、筆記用具飲み物
  • 講  師:加藤牧子(飾り巻き寿司インストラクター)

*当日のキャンセルは、材料用意の都合上講習料を頂く場合がございます。
*新型コロナウィルス感染拡大状況によっては、講座内容の変更・中止になる

場合がございます。ご了承ください。

レシピ

飾り巻き寿司レシピ 応用編

投稿日:
道の駅やちよカルチャークッキング 飾り巻き寿司

【やちよ道の駅カルチャークッキング】 ≪飾り巻き寿司のレシピ≫

①バラ
・酢飯              200g
・おぼろ             適量
・とびこ             適量
・たらこ             適量
・紅生姜             適量
・野沢菜漬け 10㎝        5本
・のり              半切れと1枚と1/2
 *おぼろの代わりに桜でんぶ/たらこの代わりにサケフレークでも!  

★パーツをつくる
・酢飯を3等分する。1玉分をおぼろを入れてピンクの酢飯を作り、
 さらに2等分する。
・薄焼き卵を縦に2枚並べ、それぞれにピンクの酢飯1玉分を9個の小さい山に
 してバラバラに置く
・とびこ、たらこ、紅しょうがを酢飯の山の間に散らす
・1枚の薄焼き卵を手元からしっかり巻く。
・巻き終わりを下にしてもう1枚の薄焼き卵の手前に乗せ、一緒に巻き上げる
・巻き終わりを下にして、ラップでくるんでおく(花)

★組み立てる
1.巻きすの上にのり半切れ1枚と1/2ををつなげて置く
2.残り2玉を酢飯白を右側6㎝を残して広げる
3.野沢菜漬けを等間隔で置く
4.ラップをはずして花を巻き終わりを下にして真ん中に置く
5.花を手で押さえながら、巻きすを持ち上げ左から巻く
6.巻きすで丸く形を整え、4等分に切る

今回は応用編です。 

 
 

レシピ

飾り巻き寿司レシピ 実践編

投稿日:
道の駅やちよカルチャークッキング 飾り巻き寿司

【やちよ道の駅カルチャークッキング】 ≪飾り巻き寿司のレシピ≫

①バラ
・酢飯              200g
・おぼろ             適量
・とびこ             適量
・たらこ             適量
・紅生姜             適量
・野沢菜漬け 10㎝        5本
・のり              半切れと1枚と1/2
 *おぼろの代わりに桜でんぶ/たらこの代わりにサケフレークでも!  

★パーツをつくる
・酢飯を3等分する。1玉分をおぼろを入れてピンクの酢飯を作り、
 さらに2等分する。
・薄焼き卵を縦に2枚並べ、それぞれにピンクの酢飯1玉分を9個の小さい山に
 してバラバラに置く
・とびこ、たらこ、紅しょうがを酢飯の山の間に散らす
・1枚の薄焼き卵を手元からしっかり巻く。
・巻き終わりを下にしてもう1枚の薄焼き卵の手前に乗せ、一緒に巻き上げる
・巻き終わりを下にして、ラップでくるんでおく(花)

★組み立てる
1.巻きすの上にのり半切れ1枚と1/2ををつなげて置く
2.残り2玉を酢飯白を右側6㎝を残して広げる
3.野沢菜漬けを等間隔で置く
4.ラップをはずして花を巻き終わりを下にして真ん中に置く
5.花を手で押さえながら、巻きすを持ち上げ左から巻く
6.巻きすで丸く形を整え、4等分に切る

今回は実践編です。 次回は応用編です。

 
 

レシピ

飾り巻き寿司レシピ 座学編

投稿日:
道の駅やちよカルチャークッキング 飾り巻き寿司

【やちよ道の駅カルチャークッキング】 ≪飾り巻き寿司のレシピ≫

①バラ
・酢飯              200g
・おぼろ             適量
・とびこ             適量
・たらこ             適量
・紅生姜             適量
・野沢菜漬け 10㎝        5本
・のり              半切れと1枚と1/2
 *おぼろの代わりに桜でんぶ/たらこの代わりにサケフレークでも!  

★パーツをつくる
・酢飯を3等分する。1玉分をおぼろを入れてピンクの酢飯を作り、
 さらに2等分する。
・薄焼き卵を縦に2枚並べ、それぞれにピンクの酢飯1玉分を9個の小さい山に
 してバラバラに置く
・とびこ、たらこ、紅しょうがを酢飯の山の間に散らす
・1枚の薄焼き卵を手元からしっかり巻く。
・巻き終わりを下にしてもう1枚の薄焼き卵の手前に乗せ、一緒に巻き上げる
・巻き終わりを下にして、ラップでくるんでおく(花)

★組み立てる
1.巻きすの上にのり半切れ1枚と1/2ををつなげて置く
2.残り2玉を酢飯白を右側6㎝を残して広げる
3.野沢菜漬けを等間隔で置く
4.ラップをはずして花を巻き終わりを下にして真ん中に置く
5.花を手で押さえながら、巻きすを持ち上げ左から巻く
6.巻きすで丸く形を整え、4等分に切る

今回は座学編です。 次回は実践編です。

 
 

料理教室

料理教室「中華ちまき&蒸し焼売」

投稿日:

料理教室「中華ちまき&蒸し焼売」


中華ちまき&蒸し焼売、難しそうなメニューですが、これを手軽にフライパンで作る講座です。

  • 日  時:1月15日(土)午前10時30分~午後1時
  • 場  所:農業交流センター 調理実習室
  • 人  数:16名
  • 参加費 :1,800円(当日支払い)
  • 申込開始:12月1日 9時より受付
  • 申込方法:農業交流センター☎047-406-4778 又はWEB
  • 持ち物 :エプロン、三角巾、布巾、台布巾、筆記用具飲み物
  • 講  師:長嶋貴代(管理栄養士)

料理教室

防災食講座~デモンストレーションのみ

投稿日:

防災食講座~デモンストレーションのみ


講師の阪神大震災での体験談や、災害への備えに何をどれくらい用意したらよいのかなどのお話と、ポリ袋を使用した防災食の調理方法をデモンストレーションで学びます。
メニューは、ポリ袋で炊くご飯、ポリ袋で出し巻卵、ポリ袋でさば缶トマトカレーなど6品になります。

  • 日 時:12月8日(水)午前10時30分~正午
  • 場 所:農業交流センター 調理実習室
  • 人 数:12名
  • 参加費:500円(当日支払い)
  • 持ち物:筆記用具飲み物
  • 講 師:鈴木佳代子(防災クッキングアドバイザー)
  • 申込み:農業交流センター☎047-406-4778 又はWEB